クラウドホスティングを利用するメリット - クラウドサービスとは

クラウドサービスとは

  • クラウドホスティングを利用するメリット

    • ホスティングサービスは、サーバーをレンタルして、そのサーバー上でデータベースを運用したり、グループウェアなどのウェブサービスを利用することができるサービスです。



      従来のホスティングサービスは、このサーバーをレンタルする場合、物理的に実在するサーバーを借りることが一般的でしたが、現在では仮想サーバーを用いてホスティングサービスを行うクラウドホスティングが主流になりつつあります。



      クラウドホスティングが、従来的な物理サーバーをレンタルするホスティングサービスに替わってホスティングサービスの主流になりつつあるのは、その方が利用者にとってメリットがあるからです。



      そのメリットの中でも最も大きいのは、ホスティングサービスがハードウェアに依存しないということです。



      従来的なホスティングサービスでは、物理的なサーバーをレンタルしていたため、利用状況がどうであっても、レンタルしたサーバーの能力の範囲内で処理しなければならなかったのですが、クラウドホスティングならば、ハードウェアに依存しない仮想サーバーを利用するため、ユーザーの利用状況に応じて自由にサーバーのメモリやCPUを増減することができます。



      サーバーをあまり利用しない時はCPUやメモリを少なくし、サーバーへのアクセスが集中する等して、サーバーの負荷が上がれば、その時だけサーバーを拡張することができるのです。



      そのため、クラウドホスティングでは利用料金が従量制になっているのが一般的です。



      利用状況に応じた料金になるため、物理サーバーを用いた従来型のホスティングサービスよりもコストパフォーマンスが良くなるのも大きなメリットです。



  • 関連リンク

    • ホスティングサービスは、サーバーをレンタルして、そのサーバー上でデータベースを運用したり、グループウェアなどのウェブサービスを利用することができるサービスです。従来のホスティングサービスは、このサーバーをレンタルする場合、物理的に実在するサーバーを借りることが一般的でしたが、現在では仮想サーバーを用いてホスティングサービスを行うクラウドホスティングが主流になりつつあります。...

    • クラウドホスティングはレンタルサーバにおける仕組みを応用させた技術の一種で、ネットワーク構築技術によってクラウド化させるなど対策を施す事で、サーバが保有している処理能力や保存容量を瞬時に増減させられる特徴を持ちます。従来のレンタルサーバは、大規模なデータセンターなどで保管されている機器の中から決められた台数の専用サーバを一定料金の支払いで借りるのに対して、クラウドホスティングはネットワーク網を経由して別々のサーバから保存領域や処理能力が割り当てられ、ネットワーク網に存在する複数のサーバを1つのサービスとして提供する仕組みになります。...