クラウドサービスとは

  • サーバーがダウンしづらいクラウドホスティング

    • 以前のレンタルサーバーは、一つのサーバーに定員まで客を割り当てるという方式が主流でした。



      この方法だと、閲覧数が多く、サーバーに負荷がかかるホームページと同じサーバーに割り当てられてしまった場合、自分のサイトのせいではないのに、サーバーが落ちたり、あるいはホームページの表示が重いというトラブルを受けてしまう可能性があります。



      しかし、最近増えているクラウドホスティングの場合は、上記のような問題がなくなっていて、運に左右されずにサーバーを使えることが出来るようになっています。



      なぜ、閲覧数の多いホームページと同じサービスを使ってもクラウドホスティングの場合は問題ないのかというと、複数のサーバーリソースを利用出来るからです。



      つまり、今までのレンタルサーバーの場合、契約者は必ず一台のサーバーの一定の領域を割り当てられるという形でしたが、クラウドホスティングの場合、クラウドサーバー全体を利用出来るという形になるので、特定のホームページの閲覧数が多くて、一台のサーバーに負荷がかかってダウンするということがなくなるわけです。



      勿論、自分のホームページの閲覧数が突発的に上がった場合も、他の利用者に迷惑をかけることはありません。



      最近は、ソーシャルネットワークの影響力で、短時間に一気に閲覧数が増えるということが多くなってきたので、仲間内だけが閲覧するホームページではなく、不特定多数の人に見てもらいたいという目的で公開しているホームページを運営するのであれば、急激に閲覧数が増えてもサーバーがダウンしづらいクラウドホスティングは魅力的と言えます。





  • 関連リンク

    • ホスティングサービスは、サーバーをレンタルして、そのサーバー上でデータベースを運用したり、グループウェアなどのウェブサービスを利用することができるサービスです。従来のホスティングサービスは、このサーバーをレンタルする場合、物理的に実在するサーバーを借りることが一般的でしたが、現在では仮想サーバーを用いてホスティングサービスを行うクラウドホスティングが主流になりつつあります。...

    • 以前のレンタルサーバーは、一つのサーバーに定員まで客を割り当てるという方式が主流でした。この方法だと、閲覧数が多く、サーバーに負荷がかかるホームページと同じサーバーに割り当てられてしまった場合、自分のサイトのせいではないのに、サーバーが落ちたり、あるいはホームページの表示が重いというトラブルを受けてしまう可能性があります。...