クラウドサービスとは

  • クラウドホスティングはどのような用途に適しているか

    • クラウドホスティングはレンタルサーバにおける仕組みを応用させた技術の一種で、ネットワーク構築技術によってクラウド化させるなど対策を施す事で、サーバが保有している処理能力や保存容量を瞬時に増減させられる特徴を持ちます。



      従来のレンタルサーバは、大規模なデータセンターなどで保管されている機器の中から決められた台数の専用サーバを一定料金の支払いで借りるのに対して、クラウドホスティングはネットワーク網を経由して別々のサーバから保存領域や処理能力が割り当てられ、ネットワーク網に存在する複数のサーバを1つのサービスとして提供する仕組みになります。



      一般的には少数の親サーバと多数の子サーバで構成されており、それぞれがデータ保存やデータ処理といった役割分担をさせる事で負荷分散とメンテナンス時のサービス継続を実現します。



      その為、単純に1台の機器が全ての処理を行う方式よりも負荷に強く、アクセスが集中した場合においてはクラウドサービス上に存在する端末リソースを必要に応じて要求できる点で優れています。



      よって、クラウドホスティングは動画共有サイトやフリーメールサービスといったアクセス負荷が集中しやすいサイトの運用、及び24時間継続稼動したい用途へ適している技術といえます。



      クラウドホスティングを導入した際のデメリットとしてはランニングコストの高額化が挙げられ、リソースの拡張で多くのサーバを使用する分だけ通常よりも高い追加料金を必要とする傾向があります。







  • 関連リンク

    • クラウドホスティングはレンタルサーバにおける仕組みを応用させた技術の一種で、ネットワーク構築技術によってクラウド化させるなど対策を施す事で、サーバが保有している処理能力や保存容量を瞬時に増減させられる特徴を持ちます。従来のレンタルサーバは、大規模なデータセンターなどで保管されている機器の中から決められた台数の専用サーバを一定料金の支払いで借りるのに対して、クラウドホスティングはネットワーク網を経由して別々のサーバから保存領域や処理能力が割り当てられ、ネットワーク網に存在する複数のサーバを1つのサービスとして提供する仕組みになります。...

    • ネットサービスの中には、繁忙期と閑散期の差が激しくなってしまうものもあります。つまり、利用者が急増する時期と、利用者が激減する時期の差が極端であるということですが、こういうネットサービスもあります。...